FC2ブログ

黒須高嶺えしごと

イラストレーター・黒須高嶺(くろす たかね)の活動情報です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「五七五の秋」

『五七五の秋』(文研出版)
著者は 万乃華れんさん

書影
575_aki_005

2016年に刊行されました『五七五の夏』の続編です。
ご本のソデの紹介文を引用しますと、
 夏まつりの日、千夏とは手をつなげないまま夏休みは終わった。
 そして始まった2学期、順平に恋のライバル出現!?
「五七五」の川柳で綴る、順平と家族・友だちのドラマはまだまだ続く!


挿絵をご紹介

575_aki_003
お互い意識しているようで、なかなか進展しない順平と千夏の仲。今回はどうなるでしょう?

575_aki_004
父ちゃんと母ちゃんの掛け合いに順平のつっこみは健在。軽妙なやりとりが笑いを誘います。

575_aki_002
クラスメイト達。周辺のキャラクターも少しずつ人となりが描きこまれていきます。


今回も「五七五」の川柳を通して笑いあり、しみじみとさせられるところありのドラマが展開していきます。
そして順平と千夏の仲は、意外な恋のライバルとは…?

「夏」編からの読者の方も、初めて読まれるという方も、ぜひ手に取って楽しんでいただけたらと思います!
スポンサーサイト

PageTop

「ぼくのジユウな字」

『ぼくのジユウな字』(講談社)
著者は春間美幸さん

書影
jiyuu04
装丁は脇田明日香さん

講談社さんのサイトから紹介文を一部引用しますと、
お母さんに無理やり行かされることになった書道教室には「書道子書道教室」って看板が下がっている。ショドウコショドウキョウシツ? 部屋の中にいたのは大きな筆を背負ったおばあさんだった。


挿絵もご紹介
jiyuu03
お母さんにカンカンに怒られた「ぼく」は、書道教室に通うことになるのですが…。

jiyuu02
書道教室にいたのはふしぎなおばあさん、「道子先生」。どうもただ者ではないようです。

jiyuu01
裏表紙から。
右がぼくの友だち「ケイ」。おっとりしたやさしい男の子。
左は学級委員長の「イチイチ」。成績優秀、字もじょうずですがきつい性格のよう。
ふたりはお話にどう関わってくるのでしょう。


字を書くのが面倒くさくて、画数の多い自分の名前も省略して書いてしまうような「ぼく」に、道子先生がとった行動とは…?
ユーモアと不思議たっぷりのお話ですが、タイピングばかりでついつい手書き文字をおろそかにしてしまう大人達も思わずドキッとさせられる内容かもしれません。
どうぞお手に取ってみてください!

PageTop

クイックスケッチ

こんにちは。

この夏は本当に暑いですね。
かなり早い時期からいきなり暑くなったので、もうそろそろ秋の気配になってもいいような気になってしまいますが、カレンダーを見るとまだ8月という事実に衝撃を受けます。

きょうは前にも記事を書いたクイックスケッチをまた公開してみようと思います。
比較的よく描けたものだけを選り抜いていますので、もっとひどいものも手元にはけっこうあります…。

sketch003 sketch002
画材はマルマンのクロッキーブックSQ(縦182×横165)に呉竹の筆ペン55号

右側はより短い時間で描いたものを集めています。
きちんと計ってはいませんが30~60秒ぐらいでしょうか?

あいかわらずポーズが似通ってしまっているのが課題のような気が…。

PageTop

「秘密基地のつくりかた教えます」

『秘密基地のつくりかた教えます』(ポプラ社)
著者は那須正幹さん

書影(ポプラ社ホームページより)
himitu00
装丁は楢原直子さん(ポプラ社デザイン室)


ポプラ社さんのサイトから紹介分を引用しますと…

できた! ぼくたちだけの秘密の小屋
「ズッコケ三人組」の那須正幹氏書き下ろし

4年1組の森田保に、暴れん坊で有名な2組の倉橋省吾が声をかけてきた。保の家の近くの工事の資材置き場で、捨てネコを見つけたという。ないしょでネコを飼いはじめた二人は、ネコとすごすためにコンクリートパイプの中でひと晩のキャンプを決行する。それが高じて、保の兄の助けのもと、今度はカブトムシがとれる裏山に本格的な秘密基地をつくることに…。自分たちだけの秘密の小屋をつくりあげる、特別な夏休みの物語。


挿絵もご紹介
himitu01
資材置き場に入っていく省吾(しょうご)とついていく保(たもつ)。対照的なふたりのようです。

himitu02
ふたりと一緒にネコの「シロちゃん」の世話をすることになる同級生のかおり。その熱心さは保たち以上かも?

himitu03
保の兄、6年生の徹(とおる)。しっかりもので知識も豊富な頼りになるお兄ちゃん。

それまで接点のなかったふたりがネコを見つけたことで仲良くなり、やがて「秘密基地」づくりに熱中していくことになります。
舞台となる町や周囲の自然、基地づくりの手順などが非常に詳細に描写されていて、読んでいるだけでいっしょに参加しているような気分になれ、もしかしたら自分たちでも同じようなことができるのではと思えるような、わくわくするお話です!

夏休みにぴったりの一冊ですから、どうぞお手に取ってみてください!



PageTop

『最後のオオカミ』課題図書選定

こんにちは。

昨年お仕事をさせていただいた文研出版さまの『最後のオオカミ』(マイケル・モーパーゴさん作)が、本年度(第64回)青少年読書感想文全国コンクールの課題図書(小学校中学年の部)に選定されました。
ありがとうございます!

コンクール公式サイトの課題図書ページへ

スケールの大きい骨太なお話ですが、中学年でも最後まで集中して読み通せる分量だと思います。
どうぞこの夏の読書にお手に取ってみてください!
PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。