黒須高嶺えしごと

イラストレーター・黒須高嶺(くろす たかね)の活動情報です。

「あぐり☆サイエンスクラブ:夏」

「あぐり☆サイエンスクラブ:夏 夏合宿が待っている!」(新日本出版社)
著者は堀米 薫さん

書影(新日本出版社さんのサイトより)
aguri_natsu_04
装丁は松田珠恵さん(商業デザインセンター)

4月に刊行されました「あぐり☆サイエンスクラブ:春」の続編になります。

新日本出版社さんのサイトから紹介文を引用――
学と雄成、奈々は「あぐり☆サイエンスクラブ」の仲間だ。学たちは種まきからずっと稲の成長を見守ってきた。青々とした田んぼの上をふきわたる青田風。「草取り」「中干し」「花掛水」――お米を取るためにこんなに手間がかかっているなんて! 田んぼに関わるようになってから、三人が少しずつわかってきたことだった。


挿絵もご紹介
aguri_natsu_01
あぐり先生はあい変わらず農業一直線。学たち3人に次々と新しい驚きを教えてくれます。

aguri_natsu_02
あぐり先生のお父さん、鎌足さん。遠くを見つめて何を思うのでしょう。

aguri_natsu_03
学の兄、博(ひろし)。私立中学に通う秀才ですが、最近ようすがおかしくて…?


半信半疑でクラブを始めた3人ですが、自分たちの田んぼに対して意識の変化が出てきているようです。
春編に引き続き瑞々しい自然の描写をたっぷりまじえながら、少しずつ変わり始めた3人の成長途上にある一瞬をあたたかく切り取っています。

物語の季節はまさに夏。この夏休みに読むのにぴったりな一冊となっています。
どうぞお手にとってみてください!

PageTop