黒須高嶺えしごと

イラストレーター・黒須高嶺(くろす たかね)の活動情報です。

「ふたりのカミサウルス」

「ふたりのカミサウルス」(あかね書房)

著者は平田昌広さん。

書影 ※現物をスキャンしています(版元さま了承済み)
kamisaurusu01
装丁は白水あかねさん

あかね書房さんのサイトから紹介文です。
話をしたこともなかったコウダイとヒロト。ふたりはある日、おり紙でつくった恐竜“カミサウルス”をきっかけに急接近。博識なヒロトに出会って、みんなにもヒロトの良さを知ってほしいと思うコウダイ。正反対な性格の2人の友情はうまくいくのか? その分かれ目には、いったい何がある!?


挿絵も少しご紹介
kamisaurusu02
図書室で図鑑を読むヒロトに話しかけるコウダイ。

kamisaurusu03
ワニの一種、「ガビアル」のカット。
「生き物の進化」もひとつの重要なモチーフになっていて、色々な生き物のカットを描きました。

kamisaurusu04  kamisaurusu05
(左)コウダイのお母さん (右)ヒロトのお母さん
お母さんキャラが二人出て来るので、お話の中での描かれ方などを参考にちがいを出してみました。
お父さんやお母さんのキャラを考えるのは楽しいです。


今までの友達にはいなかったタイプのヒロトに対して、主人公のコウダイはとまどいやためらいを感じながらも、真っ直ぐに自分の気持ちをぶつけていきます。
手探りで仲を深めていく二人の様子が本当にみずみずしく、「ともだちになる」のってこんなにもまぶしいものだったなと、今更ながら感じました。

私個人の印象ですが、ご本を読むのが苦手な子にも思い切ってチャレンジしてもらいたいような一冊です。
どうぞよろしくお願いいたします!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する