黒須高嶺えしごと

イラストレーター・黒須高嶺(くろす たかね)の活動情報です。

「こうちゃんとぼく」

「こうちゃんとぼく」(講談社)
著者は くすのきしげのりさん。

書影(版元ドットコムさんより)
kouchan_004
シリーズ装丁は田名網敬一さん。


講談社ブッククラブから紹介文を一部引用しますと

「ぼく、『やまの こうさく』です。よろしくおねがいします。」
 十月。
 ぼくらのクラスにてんこうせいが、やってきた。

 こうさくくんは、まえにかよっていた小学校のせいふくを、それも、こうさくくんのからだよりもすこし大きなせいふくをきていた。
 ぼくは、せきがえでこうさくくんのとなりになった。
 先生から、しんらいされているようで、すごくうれしかった。
 ぼくは、はりきってこうさくくんに、いろんなことを教えてあげた。
 でも――。



挿絵を少しご紹介
kouchan_001
先生からこうさくくんのとなりの席をまかされ、頼りにされていることが誇らしい「ぼく」。

kouchan_002
自然のいっぱいな田舎からやってきたこうさくくんの話は面白く、みんなが聞きたがります。

kouchan_003
こうさくくんはあっという間にクラスにも溶け込み、こうちゃん、こうちゃんと呼ばれるように。

クラスで最初に仲良くなった「ぼく」は、最初はうれしい気持ちでした。
けれど勉強も運動もできるこうちゃんの存在がクラスの中で大きくなっていくうちに、だんだんと心の中にもやもやしたものが生まれていきます。

嫉妬というものは、大人になってさえ(むしろ大人になってからの方が?)やっかいな、できるなら抱きたくない感情です。
はじめて嫉妬を感じた「ぼく」は、どうむきあっていくのでしょうか?

こうちゃんとぼくの友情のゆくえを、ぜひ読者にも見届けていただきたいです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する