FC2ブログ

黒須高嶺えしごと

イラストレーター・黒須高嶺(くろす たかね)の活動情報です。

「あぐり☆サイエンスクラブ:秋と冬、その先に」

「あぐり☆サイエンスクラブ:秋と冬、その先に」(新日本出版社)
著者は堀米薫さん

書影(新日本出版社さんのサイトより)
aguri_aki_04
装丁は松田珠恵さん(商業デザインセンター)

4月、7月とこれまでに2冊刊行されました「あぐり☆サイエンスクラブ」シリーズの3作め、完結編です。

また新日本出版社さんのサイトから紹介文を――
春の田植えに始まり、稲の成長を見守ってきた「あぐり☆サイエンスクラブ」。いよいよ稲刈りの時を迎える。鎌をつかって手刈りに挑戦する学・雄成・奈々。収穫の喜びは特別だった。脱穀・乾燥・もみすり・精米――新米を口にするまで、こんなに作業があるなんて! お釜で炊いた新米は、おかずがいらないおいしさだった!


例によって挿絵
aguri_aki01
稲穂を実らせた田んぼを前に喜ぶ3人…のはずが、奈々のようすがちょっとおかしい…?

aguri_aki02
農道を歩きながら、あぐり先生の話に耳を傾ける3人。先生の語る言葉はなんでしょう。

aguri?aki03
目次の見開き用のカット。最後にいっぺん「全員集合」的な絵を入れてみたかったので…。
自分でも気に入っていますし、堀米さんにも喜んでいただけたようでよかったです。


田植えの春、青田の夏と、実際の季節とあわせるように刊行されてきたこのシリーズですが、いよいよ収穫の秋を迎えました。
これまでじっくりと丁寧に描かれてきた米作りが、文字通り実を結ぶようすが晴れやかな賑わいの中に表現されています。
学たち自身も、彼らをとりまく人間関係も、季節の移り変わりに合わせるように少しずつ変わっていきます。

読み終えた後も、学たちや彼らの田んぼが今もどこかで営みを続けているように思えます。
タイトルにもある「その先に」という言葉に何が込められているのか、その事に思いを馳せたくなるすてきなラストをぜひ味わってみてください!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する