FC2ブログ

黒須高嶺えしごと

イラストレーター・黒須高嶺(くろす たかね)の活動情報です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「ぼくのジユウな字」

『ぼくのジユウな字』(講談社)
著者は春間美幸さん

書影
jiyuu04
装丁は脇田明日香さん

講談社さんのサイトから紹介文を一部引用しますと、
お母さんに無理やり行かされることになった書道教室には「書道子書道教室」って看板が下がっている。ショドウコショドウキョウシツ? 部屋の中にいたのは大きな筆を背負ったおばあさんだった。


挿絵もご紹介
jiyuu03
お母さんにカンカンに怒られた「ぼく」は、書道教室に通うことになるのですが…。

jiyuu02
書道教室にいたのはふしぎなおばあさん、「道子先生」。どうもただ者ではないようです。

jiyuu01
裏表紙から。
右がぼくの友だち「ケイ」。おっとりしたやさしい男の子。
左は学級委員長の「イチイチ」。成績優秀、字もじょうずですがきつい性格のよう。
ふたりはお話にどう関わってくるのでしょう。


字を書くのが面倒くさくて、画数の多い自分の名前も省略して書いてしまうような「ぼく」に、道子先生がとった行動とは…?
ユーモアと不思議たっぷりのお話ですが、タイピングばかりでついつい手書き文字をおろそかにしてしまう大人達も思わずドキッとさせられる内容かもしれません。
どうぞお手に取ってみてください!

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。