黒須高嶺えしごと

イラストレーター・黒須高嶺(くろす たかね)の活動情報です。

『くりぃむパン』

イラスト(装画・挿画)を描かせていただきました。

くりぃむパンくりぃむパン
(2012/10/22)
濱野 京子

商品詳細を見る


濱野京子さん・著『くりぃむパン』(くもん出版)が、昨日づけで発売となりました!

昔からの下宿屋を営む香里の家に、遠い親戚の子、未果が同居することになります。
美人で、勉強も運動もできる未果をみんなはちやほや。香里はそれが面白くありません。
さてふたりの仲はこれから…?
小学校中学年むけということですが、濱野さんの愛読者の方や、本好きの子など、幅広い人に読んでいただきたい一冊です。


↓イラストをちょっとだけ。
くりぃむパン_香里と未果右が香里、左が未果。私の好きなシーンです。ネタバレになってしまうのであまり詳しく書けないのがもどかしい!

くりぃむパン_志帆さん下宿人の志帆さん。半てんがトレードマークのすてきキャラクターです。

くりぃむパン_裏表紙裏表紙(部分)。ひと続きになっている表紙とあわせて、主要な人物をほぼ全て描きました。

ほかにもいっぱい挿絵が入っています。
よろしくお願いいたします!

2013.4.19再編集
文章の一部を追記に移動しました。

内容についてちょっとだけ書きますと、私はこのお話のラストシーンがとても好きです。深みと余韻のある、すてきな終わり方だと思います。ぜひはじめから物語をひもといて、この結末まで辿りついてみて貰いたいと、絵を描きながら思いました。
読み物単行本を丸ごと一冊手がけるという初めてのお仕事に、この作品を任せていただけたことは、本当に嬉しいです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ありがとうございました♪

高須さま

このたびは、すてきな絵を描いてくださり、ありがとうございました!
登場人物が多く、ご苦労をおかけしているのではと案じつつも、ラフの段階から拝見するのがとても楽しかったです。一人一人を丁寧に描いていだだき、本当に感謝しております。階段の絵、私も大好きです。
ちなみに私のお気に入りは、お友だちの千夏ちゃんです。

〈読み物単行本を丸ごと一冊手がけるという初めてのお仕事〉をこの物語で果たしていただき、私も何だかとても嬉しいです!

ところで、『ハロウィーンの魔女』の中で「大魔法使いアルゴル」を書いた田部智子さんとは、大の仲良しなんですよ。親しい友人が同じ方に絵を描いていただくというのも嬉しいですね。不思議なご縁を感じてます。

ではでは、ますますのご活躍をお祈りいたします!

濱野京子 | URL | 2012-10-31(Wed)12:28 [編集]


Re: ありがとうございました♪

濱野京子さま

はじめまして、わざわざブログまでお越しくださりありがとうございます!
私も濱野さんのブログ、拝見させて頂いていましたが、コメントのつけ方がわからなかったので、ご挨拶が遅れてしまいました。

素敵なコメントをいただけて、とてもうれしいです。
濱野さんの作品には、いずれも実力のある画家さん達が絵を描かれているので、お話をいただいた時はうれしさと同時に不安でいっぱいでした。気に入っていただけたとしたら、本当にうれしいです。

濱野さんの作品でこれまで読んだことのあるのは「フュージョン」と「木工少女」だけなのですが、どちらもとても面白く読ませていただきました。「木工少女」の主人公の、ちょっと変わったモノローグなど、読み進めていくにつれて病み付きになるような不思議な感覚があったのを覚えています。どちらの作品も、ヒロインの抱えるもやもやとか、何かに対する苛立ちのようなものが、とてもリアルに描かれているように感じられました。

田部智子さんにも、以前、嬉しいコメントを頂きました(「大魔法使いアルゴル」、楽しんで描けたお仕事です!)。こうして作家さんからじかに感想を頂けることは、本当に励みになります。疲れも吹き飛ぶ感じです。ありがとうございます。


長々とすみませんでした。
これからも、すてきな作品を書いていって下さい。ほかのお作も、これからぜひ読ませて頂きたいと思います。

それでは!

くろす | URL | 2012-10-31(Wed)16:40 [編集]


とてもよかった

先月の記事を見て早速取り寄せました。

児童書を読むのは久しぶりでしたが、一気に子供に戻って読み切りました。

文章と絵から、匂いや空気が漂ってくるような、
また、なんとも言えないいい余韻のある素敵な物語だと思います。

絵から主人公たちの気性がうかがえるのが、やっぱりすごい!

私はひいおばあちゃんの部屋のシーンが好きです。
静かな部屋で、ひだまりの空気がチリチリと光っていそうな。

のぶはら | URL | 2012-11-15(Thu)09:57 [編集]


Re: とてもよかった

のぶはらさん


わーありがとうございます!
すてきなお話ですよね。

余韻ということ、同感です。
ブログにも書きましたが、本当にすてきな終わり方だと思いました。
見当はずれかもしれませんが、生きるということの切なさや喜びが、とてもきれいに結晶化されているように感じました。

魅力的なキャラクターばかりだったので、デザインもあまり苦労せずに決まっていきました。
下宿人のふたりやおじいちゃん、友達など、脇役がじつに立っていますね。
(一番苦労したのは未果かもしれません。)

陽だまりの部屋のシーン、いいですよね。
こういう、ポカポカと温かく明るい場所で過ごすというのは、「幸せ」というもののひとつのかたちのように感じます。


お買い上げと、感想、お寄せいただいてありがとうございます!
著者の濱野さんの作品は他のものもおすすめですよ!ぜひ。

それでは!

くろす | URL | 2012-11-15(Thu)15:37 [編集]


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2012-12-27(Thu)10:49 [編集]